Dr.木戸の履歴書
このホームページでは、過去・現在の医療活動の記録をまとめております


Update September 7, 2016

写真

 日本での研修後、3年間のニューヨーク州立大学 にてレシデント開始。帰国後数年、日本での医指導にあたり、湾岸危機時、日本医療隊隊長としてサウジアラビアへの医療協力。その数年後、 2年間のパリでの邦人診療を終えて帰国した今、木戸医院院長として診療に携わっております。


Japanese
English



最近の著作と活動 New!
Dr.木戸流「異文化コミュニケーション」
  宗教について (52)
医学教育
  「家庭医の醍醐味」
  クリニックのご案内  
 木戸医院のお客さま
国際医療協力 
  「あなたの診療所に外国人が受診したら!」 
 

コンテンツ


ブルックリン便り
国際医療協力
アメホス便り
学術・書籍のご案内
医学教育
木戸医院のご案内
ブルックリン便り
 ここでは、厚生省の臨床指導医海外留学生として、アメリカ・ブルックリンで勉強しましたプライマリ、ケアあるいは家庭医学といったアメリカでの現状についてまとめています。

 日米医療事情くらべ
ボタン日本の医療の改善法
ボタン「医学博士:日本の場合、アメリカの場合」

ボタン家庭医の誕生
ボタン告げるべきか、告げざるべきか
新連載 Dr.木戸流「異文化コミュニケーション」
ボタン英語をしゃべるタレント考 (33)  New!
ボタン地元でフランス語(32)
ボタンバイリンガルへの道(31)
ボタン私の母国語は?(30)
ボタン2005年京都WONCA (29)

貴方は 人目の訪問者です。


木戸友幸
mail:kidot@momo.so-net.ne.jp